父の還暦祝いプレゼントには何がいい?

還暦は、これまでお祝いしてきた誕生日とは少し意味合いが違います。
定年退職が目前に迫り、いやおうなく第2の人生に差し掛かる時期なので、新しい門出を家族でお祝いする事はとても大切です。
還暦祝いで贈るプレゼントについてもより深く考えて選びましょう。

 

 

還暦を迎える父へのプレゼントでは、まず始めに普段から何が欲しいのかリサーチしておき、本人が欲しい物をリストアップする事から始めます。

 

贈り物選び

欲しい物をそのまま購入するのでも良いのですが、それではこれまでの誕生日と変わりがありません。
そこでポイントとなるのは、還暦祝いの要素を含んだ贈り物を選ぶこと。
人生で一度だけの大切な記念日ですからね。

 

お酒が大好きなお父さんなら

日本酒やワインなどのラベルに本人の名前や感謝の言葉を印刷したり、ガラスのボトルに名前を彫刻できるギフトがあります。
この名入れができるギフトは、商品数が非常に多く、壁時計に感謝の言葉と共に入れたり、食器類や箸などにも名前を入れる可能です。
当人が欲しい物を踏まえつつギフト選びを行なうと良いでしょう。

 

 

名入れギフトはさほど高額なものではなくても、世界でただ一つしかない特別な贈り物です。
お父さんだけでなく、両親の還暦祝いであれば、夫婦茶碗やワイングラスや湯飲みなどに名前を入れてペアでプレゼントをすると非常に喜ばれます。

相場は?

なにか贈り物をする際には、それぞれのシチュエーションや相手との関係性により必然的にどれくらいの金額を掛けるかが決まってきます。
必要以上に高額な贈り物では相手が気を使い、また安い物では品質に問題が出てくる事もあるのですが、父の還暦祝いでプレゼントやお祝いの会を開く際に相場はどれ位になるのでしょうか。

 

 

まず通常の誕生日で父に贈るプレゼントの相場は平均でおよそ7000円程度とされており、贈る側の年齢が上がるとちょうどきりが良い所で1万円と予算を決める事も多くあります。
その一方で父の還暦祝いをする際にはいつも通りとはいきません。
大抵はプレゼントを贈ると共にお食事会などを開くことになり、双方共に普段よりランクを上げて予算を考える事になるのです。

 

やはり通常の誕生日ではなく父の第二の人生の門出でもあり、親子間であってもランクの高いお祝いをするのが一般的で、その際の相場としてはおよそ1万円〜10万円の範囲内で予算を組みます。
この相場についてはやや開きがあるのですが、プレゼントとお祝いの会でどちらに比重を置くか、また家族だけの集まりか親戚を呼んだ場合でも費用は大きく変わる事になるのです。
また費用について中心値として見た時には、およそ3万円〜5万円ほどで予算を考える場合が多くあります。
還暦祝いは必ずしも高い費用を掛ける場良いわけではありませんが、全体的な予算のバランスを見つつ費用の内訳を考えておくと良いでしょう。

赤いものなら

還暦祝いでは昔から赤いちゃんちゃんこに頭巾などをセットで贈る風習があります。
これは赤色に大きな意味があり、悪いものを寄せ付けない効果があるとして生まれたばかりの乳児にちゃんちゃんこを着せる事もあったのですが、還暦は人生が一巡して子供に還る意味合いがある事から赤いちゃんちゃんこを贈る風習があるのです。

 

 

ただ現代において特に父親に贈る場合にちゃんちゃんこは嫌がる傾向が強くあります。
やはり年齢を感じさせる贈り物は受け取りたくないもので、事前にリサーチして嫌がるようであればそれ以外の赤いものを贈ると良いでしょう。

 

まず父への還暦祝いの赤いものの定番としてはパンツ・Tシャツ・腹巻などの衣類がお勧めとして挙げられます。
特にパンツは年配の方に人気が高いギフトで、デザイン性に優れたものも多く、特にインナーで明るい色の物を身に付けると元気になりやすいとされています。

 

これは色彩心理学やカラーセラピーなどで用いられる理論で、赤の場合は活力や情熱や興奮などをもたらしてエネルギーに満ちてくるとされています。
こうした理論は自殺防止の現場でも取り入れており、JRでは飛び込み自殺が多い駅の構内には心が落ち着く効果がある青を配色しているのです。

 

続いて父への還暦祝いで赤いものを贈りたい場合は、座布団やタオルなど日常で使う物を選ぶと良いでしょう。
こうした布製品の場合は名前を入れたり感謝の言葉を刺繍で入れる事ができますし、日常的に使うものですがさほど色合いが気になることもなく贈り物としてお勧めです。

関連サイト